記事一覧

39

撮影:市根井

インタビュー

高崎市

あたたかみのある印刷物を頼むなら。 広栄社印刷所が手がける「活版印刷」の魅力

高崎駅の西口から徒歩5分。繁華街を抜け、少し落ち着いたところに「広栄社印刷所」はあります。この印刷所、実は創業約100年の超老舗。今となっては貴重な活版印刷を依頼できる会社なんです。紙やインクのぬくもりを感じられる活版印…
今井夕華のプロフィール写真

今井夕華

撮影:山口大空

インタビュー

高崎市

農業の力で土地も風景も守る。榛名山麓「十文字ヴィレッジ」の挑戦

JR高崎駅から車で約30分。「少し山道を登ったかな」と思うと、そこには広大な自然が広がっていました。 都内からもほど遠くない場所に、こんな景色があることを知っていましたか?ここが高崎市十文字町。少しリフレッシュしたい、…
今井夕華のプロフィール写真

今井夕華

撮影:市根井

インタビュー

前橋市

人と文化を、足元から。歩みを彩る「靴磨き専門店」がつくる新しい価値

前橋市にある「クツビガク」は、2021年に開業した群馬県初の靴磨き専門店です。日々ここで靴を磨きながらお店を経営する、シューシャイナーの木嶋さんにお話を伺いました。
市根井直規のプロフィール写真

市根井直規 まちのわーくす

撮影:土屋ミワ

インタビュー

高崎市

群馬のナチュラルワインシーンを盛り上げる専門店 TAKASAKI WINE SHOP橋本屋

高崎や前橋でナチュラルワインを扱う飲食店が増えています。自然派ワイン、ヴァン・ナチュールなど呼び名はいろいろですが、皆さんは飲んだことはありますか? 地方でナチュラルワインシーンが盛り上がる要素の一つとして、魅力的な専門…
岩井光子のプロフィール写真

岩井光子 ライター/編集

撮影:市根井

インタビュー

太田市

ドイツのマイスター資格を持つ「街のハム屋さん」 太田市のフローエス・ゲグルンツェ

太田市の『フローエス・ゲグルンツェ』は、ドイツの食肉加工の国家資格〈マイスター〉を持つ佐藤隆彦さんが、群馬県産の豚で美味しいハムやソーセージを製造・販売するお店です。 “マイスターの作る本格ハムやソーセージ”というと、…
武井仁美のプロフィール写真

武井仁美 まちの編集社(株式会社まちごと屋)

撮影:市根井

インタビュー

太田市

半世紀続く“まちのパン屋さん”が、日常と挑戦の拠点に。太田市・WANDERLUST(ヴァンダラスト)が目指す場所

太田市の老舗ベーカリー「マイピア」が、2018年秋に「WANDERLUST(ヴァンダラスト)」へ屋号を変えてリニューアルオープンしました。経営するのは、創業者である父から店を受け継いだ大村田さんです。パンの世界大会にも出…
市根井直規のプロフィール写真

市根井直規 まちのわーくす

撮影:市根井

インタビュー

前橋市

商店街の片隅でまちの暮らしを支えてきた「島田フルイ店」の手仕事

前橋市の商店街の片隅にぽつんと佇む「島田フルイ店」は、調理用のフルイを始めとした木工品の専門店。機械化が進むこの分野で今も手作業で仕事を続ける島田さんに、このまちで育んできたお店の歴史や手仕事の魅力について伺いました。
殿岡渉のプロフィール写真

殿岡渉 あしか図案

撮影:市根井

インタビュー

前橋市

リノベーションは建築をより自由にする-建築家・宮崎晃吉さんが語る、しののめ信金前橋営業部再生プロジェクト

築50年以上の古いビルを、地域に開かれた信金店舗として生まれ変わらせたしののめ信用金庫前橋営業部。その建物は、リノベーション建築という視点からも県内外から大きな注目を集めています。今回は建築設計の面から、プロジェクトの中…
武井仁美のプロフィール写真

武井仁美 まちの編集社(株式会社まちごと屋)

撮影:市根井

インタビュー

前橋市

「ただいま、前橋。」- 長年まちに寄り添った建物が、地域に開かれた信用金庫として生まれ変わりました。

前橋市千代田町にある、しののめ信用金庫・前橋営業部。旧前橋信用金庫の本店として1964年(昭和39)に建てられた建物が、耐震補強やリノベーションを経て新しく生まれ変わり、前橋のまちに帰ってきました。しかも、金融機関の店舗…
武井仁美のプロフィール写真

武井仁美 まちの編集社(株式会社まちごと屋)

撮影:市根井

インタビュー

前橋市

酒を通して人の縁をつなぐ、群馬の地酒を中心に扱う酒屋『高橋与商店』

2021年に開業100周年を迎えた新前橋駅。個性豊かな店舗が集う駅前ロータリーにて、90年の歴史を持つ酒屋『高橋与商店』を訪れました。同店では10年ほど前から群馬の地酒に特化した商品を揃え、地域の蔵元の紹介や『新前橋でお…
西涼子のプロフィール写真

西涼子 ライター

recommend